複利の仕組みを学ぶ時短術を公開

複利についての知識を得ることによって、資産運用に対する興味が大きく変化します。単にお金を貯めるというよりも、効率的な資産拡大が図れることも、魅力の一つではないでしょうか。

複利の対語として単利というものが存在します。単利は、投じた資金に対して純粋に加算される利息です。100万円を預けて5%の年利であれば、翌年には105万円になるというものです。複利であれば、次の年は105万円に対して利息が加算されます。つまり、どんどん元手が多くなり、その分に利息がつくため、単利に比べるとはるかに効率的な資産拡大に繋がります。

ちょっとした違いであっても、後の資産には大きな違いが生じます。複利の仕組みを学ぶには、インターネットで簡単に検索も可能です。もっと細かく丁寧に仕組みを解説しているところもあるほどです。

将来設計を行ううえでは、単利と複利のような基本事項を押さえておくだけでも、十分な違いを感じ、適切な選択ができるようになります。自分自身で行動することによって、資産拡大の手段に対する時短も可能です。

無駄な時間を割くよりも、十分納得できる情報を手にすることによって、多くのゆとりを手に入れることが、投資を行う意義にも繋がるのではないでしょうか。

個人投資家が注目する金融サービス>>

コメント

No comments yet.

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする